2017年度 J-EXCEED【第1期】

JMA海外体験型研修「J-EXCEED」

「J-EXCEED」は、「船内研修(洋上研修)」「現地研修(海外研修)」を通して、グローバル、ダイバーシティ、イノベーションに対応できるリーダーの人財育成として提供している研修です。

第1期:7月13日(木)~21日(金)

2017年7月13日(木)~21日(金)<9日間>

◆事前研修会(国内)/【東京】2017年5月下旬 【大阪】2017年5月下旬
※いずれも10:00~17:00(予定)
◆フォローアップ研修(国内)/【東京のみ】2018年 2月下旬
◆船内研修コース :使用船/カーニバル・インスピレーション

◆申し込み締切日:2017年5月8日(月)

第1期基本日程、研修コースと現地ルート

  日程 アメリカ西海岸[9日間]
1 7月13日(木) 日本発、米国着
オリエンテーション
2 7月14日(金) 乗船
船内研修
3 7月15日(土) 船内研修
寄港地活動(メキシコ)
4 7月16日(日) 船内研修
5 7月17日(月) 下船、船内研修まとめ
第二都市へ移動
6 7月18日(火) 企業訪問
7 7月19日(水) ダイバーシティ・フィールドワーク
8 7月20日(木) 現地プログラム、午後:米国発
9 7月21日(金) 日本着

コースの狙い

企業を取り巻く環境は大きく変化しています。とくに、「VUCAの時代」と指摘されるように、先を見通すことが難しく、また変化が激しいために、これまで常識とされていた方法論や価値観が通用しにくく、「正解」が無い状況にあります。
このような状況下で、顧客に支持され成長し続ける企業であるためには、従来の枠にとらわれない「発想力」や「想像力」からの「イノベーション」が常に求められています。
本コースでは、「新たな思考方法」としての「デザイン・シンキング」を学び、現場を体験することで、組織や事業の課題発掘から解決策までを見出す発想力と思考力を養い、組織と事業をイノベーションする人材を育成することを目的としています。
船内研修では、「デザイン・シンキング」の理論を学び、かつ実践し、現地(シリコンバレー)では、「デザイン・シンキング」を取り入れている企業を訪問いたします。
※ VUCA:Volatility – 変動性、Uncertainty – 不確実性、Complexity – 複雑性、Ambiguity – 曖昧性

講師のご紹介

石黒猛/石黒猛事務所 代表

1969年山梨県生まれ、育英工業高等専門学校卒業後、95年にロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科修了。
96年に米IDEO社入社サンフランシスコ事務所に勤務し広くプロダクトデザイン、戦略にたずさわる。
1998年「Rice Salt&Pepper shaker」、2007年に加湿器「chimney」がニューヨーク近代美術館永久保存に決まる。
99年同社東京に転勤し01年退社。02年から個人で活動を開始、2009年にJAXAと共同開発した国際宇宙ステーション用の折りたたみ式撮影用背景は只今地球を飛び出して宇宙ステーション「きぼう」にて運用中。プロダクト、アート、舞台演出など多岐に活動中。

第1期参加料

ルート 定員
(最少催行人員)
JMA法人会員 会員外
アメリカ西海岸[9日間] 40名
(15名)
650,000円 710,000円

※日本発着空港は、成田空港のみです。他空港からのご参加の場合、追加料金にて国内線のフライトをご手配いたします。
※燃油サーチャージは、別途実費を申し受けます。
※最少催行人員に満たない場合は、該当ルートの実施を取りやめることがあります。
※訪問都市の情勢により、ルートを変更する場合がございます。
※消費税課税対象外。

サブコンテンツ

このページの先頭へ