お客様の声 ~情報通信 I様

お客様の声

お客様の声インタビュー

情報通信のI社様。
研修派遣責任者Yさんに、日本能率協会の体験型研修の効果やメリットをお伺いいたしました。

J-EXCEEDが一番まじめに研修を考えていました。

JMA
こちらからうかがうのも何ですが、なぜ「J-EXCEED」なのでしょうか?

Yさん
参加させていただいて4年くらいになるとも思います。その時の担当者に聞いてみたところ、弊社の人事担当の役員が、「JMAの船の研修は良いらしい」という評判を取引先から聞きつけたようです。その後、弊社内でいくつかの事業者を横並びで検討して、J-EXCEEDになった、と聞いています。

JMA
最初の情報は御社の役員だったんですね。数ある中から、なぜえ「J-EXCEED」だったのでしょうか?

Yさん
情報を提供してくれた取引先様からの評判が高かった、というのが決め手になったようです。その会社も、いくつかの事業者に派遣した実績があるようなのですが、J-EXCEEDが一番まじめに研修を考えているようです。内容もしかり、全体のスキームもしかり。実際に研修を受けた者たちの評判も良かったので、その後も継続して派遣させていただいています。

JMA
ありがとうございます。
われわれが提供している研修が他社とどこが違うのか、派遣される目的との合致もあると思いますが、やはり「人の成長」が目的と思います。そのためには、そのような「仕掛け」が必要なのか、それがどのように「作用する」のが望ましいか、常に考えています。

J-EXCEEDは、「研修」が「ただの研修」で終わらないことを評価しています。

JMA
お話は変わるのですが、もともと職場の中でも活躍されている方々の、選抜方法について教えてください。

Yさん
毎回、2名ほど派遣をしております。弊社では、6つの事業部がありますが、特定の部署に偏らないように、各部署から候補者を一人選出させます。ここから、日常業務における社業への貢献度、論文、社長面接と続きます。

JMA
なるほど。ハードルが高いですね。

Yさん
そのために、「次回は自分が」という声が多く、枠を広げることとも検討しています。参加者もそうですが、他の員のモチベーション向上にもつながっていると思います。

JMA
参加者たちは、帰国後の報告をされていますか?

Yさん
半期に1度、全社会議があり、その席上で一次報告をさせています。ただ、J-EXCEEDの場合は、「フォローアップ研修」があり、「それをもって研修が完了」という位置づけなので、改めて報告をさせています。昨年度の参加者は、各自20分の持ち時間をきっちりと使っていました。それを聞いた他の社員たちにとっても大きな刺激になっていると思います。

JMA
報告会では、参加者やJ-EXCEEDに対してなんらかのフィードバックがありましたか?

Yさん
他社の場合では、「帰国して終わり」というところが多いと聞いています。J-EXCEEDの場合は、研修での気づきを業務に適用し、さらに、そこからの気づきをフォローアップ研修に持ち込み、そこでさらなる気づきを得る、というスキームがありますね。そこを評価していました。参加者も、「研修はこんな感じでした」という報告ではなく、「研修での気づきを業務に活かしたらこんなことができた」という、一段高いステージに上がってくれた報告がありました。「研修」が「ただの研修」で終わっていないところが良いと思います。

JMA
うれしい限りですね。

自社、他社の参加者に望むことは?

JMA
過去の参加者、または、今後派遣される方を含めて、「J-EXCEEDの経験を活かして、こんな風になってくれれば」などの期待があればお聞かせいただければと思います。

Yさん
どんな研修にも共通しますが、周囲への影響力を出してもらいたいと思います。自分自身としては、学んだこと具体的に業務に持ち帰って、目標を掲げ、実行しています。それをさらに周囲に対しても、その「流れ」を伝えてもらいたいです。

JMA
「伝え方」は、やはり慣れだと思いますので、その意識だけは持っていただきたいと思います。

Yさん
そうですね。「アウトプット」と言う言葉は、どこでもよく聞かれるとは思いますが、一つ一つは大きくなくても皆が積み重ねる小さな「アウトプット」は非常に大切だと思います。そのために、参加者が体得した「コツ」のようなものを伝播してもらえればと思います。

JMA
先程までは、ご参加された方々に対するご期待をうかがったのですが、他の参加者の属性などに希望はありますか?

Yさん
特に、ありません。J-EXCEEDは、参加者の「多様性」を重視しているようなので、ぜひそのスタンスを変えないでもらいたいと思います。同業の人ばかりが集まると、考え方とか情報に偏りができてしまうことがあるので、現状のままいろいろな業種の方々と交流ができればいいと思います。

JMA
承知しました。本日はありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ