お客様の声 ~不動産 S様

お客様の声

お客様の声インタビュー

不動産のS社様。
研修派遣責任者Kさんに、日本能率協会の体験型研修の効果やメリットをお伺いいたしました。

「考える」ことができるような行動変容が起きました。

JMA
いつも、J-EXCEEDをご利用いただき、ありがとうございます。改めてお伺いしますが、J-EXCEEDの魅力は何でしょうか?

Kさん
社に対する貢献に報いてあげたい、ということもありますが、それに加えて、「参加者が考えて行動する」ように変化して帰ってくることが大きいと思います。

JMA
具体的には?

Kさん
派遣前から、それなりの実績を残している人を派遣しています。営業成績であったり、新規事業の創出であったり、業務改善であったり。ただ、いずれも「自分の所掌」の中での話です。そもそも、この研修に派遣をしようと思ったのは、「一皮むけてほしい」というのがありました。

JMA
J-EXCEEDの参加者は、いずれも社内選抜を潜り抜けて派遣をされた人が多いです。その中に混じってしまうと、社内では「出来る人」であっても、J-EXCEEDでは「普通の人」になりがちです。その中でも、全員が「考える」ことができるように運営を工夫しています。

Kさん
逆インタビューで恐縮ですが、具体的にはどのようなことをしているのですか?

JMA
参加者には、研修コースとは別に、それぞれの「役割」を担っていただきます。事務局からは、その「ゴール」だけを伝えます。限られた時間の中で、どのようにしてゴールに向かうのか、そのために何が必要なのか、を考えてもらいます。これは一例ですが。

Kさん
なるほど。

組織の「壁」を超え始めています。

JMA
今回の参加者から、「過去の参加者が組織横断的な活動をしている」と伺いましたが、差支えない範囲でお伺いできますか?

Kさん
社内の業務改善を行うプロジェクトチームを、過去2回の参加者で立ち上げる、という話を持ちかけられました。社内の業務改善を課題として挙げたときに、どうしても組織縦割りなりがちです。そこを、過去2回の参加者が、部署を超えてチームを組み、組織横断的に活動をしました。

JMA
なるほど。

Kさん
仕事というのは、一人ではできない、というのは良く認識していると思います。ただ、その組織が、ややもすると自分が所属している「課」で終わってしまうこともあります。会社というのは、課があり部があり、また他の課や部があります。それらが有機的につながっていることが望ましいと思います。それぞれの部署の「言い分」をしっかりと聞いて、課による個別最適ではなく、社としての解を導き出すことをしてくれました。組織の「壁」を超え始めています。

JMA
報奨以上の効果がありましたか?

Kさん
もちろん(笑)。

「遊ぶ時間は無かったが楽しかった」という社内報告があります。

JMA
さきほどは、参加者の組織横断的な活動が取り上げられましたが、そのほかにJ-EXCEEDへの期待はどのあたりにありますか?

Kさん
一言で言うと、「異業種交流」ですね。一つの業界に10年在籍すると、考え方が凝り固まってくると思います。ましてや、管理職になろうとする人間は、「うちの会社はこうでなければならない」という考えが出てきます。「幹」はそれでもよいと思うのですが、枝葉までそのような考えでは発展しません。そんな中で、異業種の考え方、物事の見方を取り入れてもらうことは、非常に大きな経験となると考えます。

JMA
小会の研修でも、知識習得型(何を学ぶか)も重要ですが、異業種交流や「考え方を学ぶ」研修の引き合いが多くなっています。

Kさん
今までできていると思っていたことが、この研修を受けたことによって、自分に足りない部分があることを認識してもらう、それが課題抽出だと思います。それを社内や同業種の方の指摘では受け入れにくいと思います。やはりいろいろな業種な方々との対話、グループワークなどが大事だと思います。

JMA
我々も、皆さんに「対話」を持ってもらいたいと思います。研修の説明会では、「私の立場で言うのもはばかられますが、参加者の皆さんはぜひとも“飲みニケーション”を持ってください」と伝えます。

Kさん
それは重要ですね(笑)

JMA
研修時間や、先ほどお伝えした「役割」の活動を通して、できるだけ皆と過ごすような仕掛けをしています。その分、「遊ぶ」時間は削られるようですが、楽しんでいるようですね。

Kさん
それは参加者からも聞きました。遊ぶ時間は無かったが、楽しかった、という社内報告が挙がります。我々としては、まったく遊ばれてしまっては立場がありませんから(笑)

JMA
これからも、参加者が「楽しめる」仕組みは提供したいと思います。

Kさん
よろしくお願いいたします。

JMA
本日はありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ