お客様の声 ~輸送業 B様

お客様の声

お客様の声インタビュー

輸送業のB社様。
グループ人事をご担当しておられるN様に、日本能率協会の体験型研修の効果やメリットをお伺いいたしました。

異業種交流を通して「事業を考えるヒント」を持って帰ってきます。

JMA
いつもJ-EXCEEDをご利用いただきましてありがとうございます。
ここ数年、ご派遣をいただいておりますが、参加者に共通して起きた変化はありますか?

Nさん
細かな点では参加者個人で差異が出ていると思いますが、「世界の広さ」を感じていると思います。弊社ではすぐに海外展開、という話は無いのですが、異業種との交流で「もしかしたら何かあるかもしれない」「この人たちと連携を取ったら、新しいビジネスチャンスがあるかもしれない」という思いを持っていただいているようですね。「事業を考えるヒント」を持って帰ってきているように思います。

JMA
取引を排除した中での名刺交換というのは、機会としては少ないと思います。自分たちのやっている仕事のサプライチェーンや、エンドユーザーのお客様に、ビジネスに関する事を聞くチャンスってなかなか聞けないですからね。その方々との交流から、極端なことを言うと、社内で今まで考えていたことが、周りの人たちはまったく求めていなくて、違った視点やニーズというのもありますからね。

Nさん
その通りですね。
ちなみに、研修コースでは、このような「ビジネスプラン」に言及することはあるのですか?

JMA
コースとしては、特にそのような単元は設けておりません。

Nさん
というのは?

JMA
「アウトプットを出す」とした場合に、研修慣れしているような方は、まず、アウトプットを考え、それに向かう議論に陥りがちです。その場合、議論の深掘りが難しくなります。J-EXCEEDでは、「自社のビジネスをどのように捉えるか」「リーダーとして組織の可能性をどう考えるか」という考えを深めていただく機会が多いです。その結果が、「ビジネスプラン」に行き着くのだと思います。

Nさん
自分たちが自社の論理で考えた商品や製品というのは、どうしても「プロダクトアウト」的な発想になりがちです。その点、J-EXCEEDでの異業種交流では、ヒントはたぶんいろんな所に隠されていると思いますね。

JMA
JーEXCEEDに来てほしい企業や業種などはありますか?

Nさん
業種は特にないですね。様々な業種の人に来てほしいです。また、いろいろな企業規模の方に来てほしいと思います。
ただ、会社に言われて来ただけの人、事業に参加してない、モラトリアム的な方も、研修の効果が下がると思います。
「周囲の中で自分が会社から選ばれて嬉しい」、「会社は自分に期待してくれている」、という風に思える人がいいですね。

JMA
会社に選抜されたのだから「戻ったら会社に何か貢献しよう」という、モチベーションが高い方が多いことは事実です。また、事前研修会でも、そのあたりを考えていただいております。

JMA
そこで、J-EXCEEDになった、というわけですか?

Aさん
J-EXCEEDの場合は、まず講師が紹介されておりました。そこで、講師の名前を検索して、どのような実績があるのか、確認をして、それからお話を伺いました。以前に派遣していたところは、講師の名前もなかった状況です。

JMA
なるほど。

Aさん
また、以前の事業者は、派遣者数を確保しようと、参加者にそぐわないコースを提案してきました。ある企業から、「ちょっと上の層で揉んでほしいので、そちらに派遣できないか」ということを受けていたようです。その結果、周りの人のレベルが下がることになっていました。このあたりの配慮に欠ける点も、事業者を変更した理由です。

JMA
「異業種交流」というからには、「交流」の際に、共通の課題をもっていないと難しいですからね。

Aさん
その通りです。

社内外のネットワークを構築してほしいと思っています。

Nさん
かつては、社歴も長くかつある程度の役職も付いたから、ご褒美として派遣していたものがあったというのは聞きますが、今でもあるのでしょうか?

JMA
純粋な「ご褒美」は、J-EXCEEDにはほとんどいないと感じています。ただ、「ご褒美の中でも参加者の成長ができる」というご理解を頂いて、ご派遣頂いている例もございます。例えば、社内でも優秀な方に、例えば全店規模の改善グランプリをとられた方などに対し、今後の活躍への期待と、成長できる機会を与えたいというのが、J-EXCEEDへの派遣目的の企業もあります。

Nさん
なるほど。弊社でも人選の際には、今までの業績も評価に加味されています。その中でも、自ら率先して手を挙げる人を派遣しています。

JMA
その中から、どのように人選しているのですか?

Nさん
いつも試行錯誤です。ただ、研修を通して異業種の方と交流してきた弊社の人間が、社内外のネットワークを構築する、または、リーダーシップを存分に発揮できるような人財になってほしいと思っています。

中途半端に終わるなら失敗しても構わない

JMA
選ばれた方が研修に行って、帰った後にどのような結果を期待されていますか?

Nさん
もちろん、その結果が「良いもの」であることに越したことはないと思います。ただ、たとえ失敗であったとしても、そこからまた学ぶので、僕は別に構わないと思っています。失敗という結果を恐れて何か中途半端に終わるなら、一生懸命やった結果、失敗だったとかミスをしたとか、そういう結果でも良いと思います。

JMA
なるほど

Nさん
初めてやる仕事の失敗とかミスとかってどこの企業も必ず起こりうるし、当たり前だと思います。一方で、今の若い方は、とにかく良い結果を出したい、失敗はしたくない、という子は多いなと思います。その時、僕は、「今までしたことないのにいい結果ばっかり出るわけない」、とかって基本的には思いますね。

JMA
そういう意味では、J-EXCEEDの場合は、参加者の主体性を重んじていますので、みなさん、大いに「チャレンジ」していただけていると思います。

Nさん
その姿勢は今後も崩さないでいただければと思います。

JMA
承知しました。
本日はいろいろとありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ