お客様の声 ~金融 N様

お客様の声

お客様の声インタビュー

金融のN社様。
研修企画を担当されているA様に、J-EXCEEDの効果やメリットをお伺いいたしました。

J-EXCEEDは、ヒューマンスキルを総合的に磨く

JMA
J-EXCEEDに参加したきっかけをお聞かせださい。

Aさん
正直に申しあげると、私が人事部に来る前からJ-EXCEEDに参加していたので、「なぜか?」と言われると、そのきっかけは分かりません。
ただ、通常の通い型研修も、JMAに多く派遣しているので、その実績をもとにしていると考えられます。

JMA
継続しているお客様のなかでも、経営者や研修責任者が変わった際に、「なぜ洋上研修なのか?」「なぜJMAなのか」という声が挙がる場合もありますが、御社の場合はいかがでしょうか?

Aさん
確かに、海外の研修なら他社も提供していると思います。
ただ、J-EXCEEDの場合は、自分たちで考え、協同しながら研修が進んでいく様子を参加者から聞きます。この点だけでも、ただの海外研修や視察ではないと思っています。研修の内容も、「特定のアウトプットを出す」ことに焦点をあてていないこともよいポイントだと思っています。

JMA
と申しますと?

Aさん
弊社の場合でもそうなのですが、「事業プランを立てる」「設定したKPIを上げるには?」という課題を出すところもありますが、それこそ日本でやればよい話です。また、「研修慣れ」した参加者がいる場合、アウトプットから逆算し、悪い意味で「効率よく」研修が進んでしまいます。J-EXCEEDは、ヒューマンスキルを総合的に磨く、ところに価値を見出しています。

「内発的動機付け」が出来て帰ってきます。

JMA
先ほどヒューマンスキルの話が出ましたが、御社でヒューマンスキルの重要性や必要性をどんな部分で感じていますか。

Aさん
弊社は金融機関であり、サービス業です。社外の方との関係が個人に属しては良くないとは思いますが、人と人のつながりは何より大事だと考えています。いくら良い商品やファシリティをそろえたとしても、人間性を高めていないと、事業として成長せず、結果、ステークホルダーからは信頼されません。

JMA
ヒューマンスキルやお客様との接し方などをJ-EXCEEDを通じて学んでいるのですね。

JMA
ところで、研修に参加した人には、どのような変化が見られますか。

Aさん
確かに、1回行ったらといって、性格が全く変わるわけではありませんが、自分の中のロウソクに火が点き、どんどん大きくなっているようにも見えます。そのきっかけになっていることは、間違いありません。
たとえば、今まではメールで済ませていたことも、直接、対話をすることで、結果としてより良い方法を考えられたり、また、時間が短くなったり、ということもあります。

JMA
対話が増えた、ということですね。

Aさん
表出している現象としては、それが挙げられると思いますが、その裏には、「動かなければ」という考え、「内発的動機付け」がされて帰ってきていると思います。

JMA
なるほど。

「気づき」を得て帰ってきます。

JMA
派遣されている企業の方は、異業種交流にも期待していますが。

Aさん
それは弊社も同じです。
派遣される人物は、面接を経て決定されます。そのため、ヒューマンスキルは高いと考えていますが、やはり他社も選抜されてきているので、その中に混じることで、いろいろと気づく部分があるようです。その気づきから、今まで以上に力を付けて成長していっているように感じます。気づきというのは、非常に大きな力を持っていますね。

JMA
良く言われる、「自社の常識は、世間の非常識」ということですか。

Aさん
そうです。
それも、参加者の質が高いと思います。自社で派遣していてなんですが。

JMA
具体的には?

Aさん
他社の場合ですが、事業ラインに属していない人が多く派遣されていると聞きます。また、特定の企業からの過多な派遣、業種は違がえど、同じ立場の参加者が多い、という状況もあるようです。その場合、結局、異業種交流にはならないと考えています。

JMA
なるほど。

幹部候補には、J-EXCEED経験者が多い

JMA
ところで、派遣される方の選抜基準についてお聞かせください。

Aさん
明確に、「○○%の業績アップ者」や「△△の条件を満たしたもの」という基準はありません。公募です。社員全員が、対象になります。

JMA
たとえば入社1年目でもですか?

Aさん
理論的にはそうなります。ただ、先ほどは、面接、というお話をしましたが、その前に論文があります。さらに上長の推薦も必要です。そのため、事業に対してビジョンを持っていること、口だけでなく実務でも周囲が認めていること、が必要になります。おのずと、現段階でもある程度の能力発揮が出来ている必要があると思います。

JMA
となると、次世代の幹部の候補者が多くなりますか?

Aさん
結果的にそうなっています。ただ、J-EXCEEDに参加することで幹部候補になるのではなく、幹部候補になった方にはJ-EXCEEDの経験者が多い、ということです。

JMA
御社の参加者に期待することは何でしょうか?

Aさん
選抜された方のなかから、さらに「リーダー」になってもらいたいと思います。派遣するに当たっては、職場にもそれなりの負担があると思います。せっかくの九日間なので、
それをフルに活用して、どんどん大きくしていってほしいと思います。

JMA
分かりました。
本日はどうもありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ