実務でのデザイン・シンキングの活用方法とは?|エティックテクノ大阪 西澤様 インタビュー vol.5

JMA洋上研修「J-EXCEED第1期」アメリカ西海岸9日間デザイン・シンキングコースへご参加くださいました、株式会社エティックテクノ大阪 製造一部 製造課 係長 西澤 翔さんにインタビューさせていただきました。
(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

インタビュアー 一般社団法人日本能率協会 吉田

実務でのデザイン・シンキングの活用方法とは?

吉田
石黒さんの研修を終えたあと、デザイン・シンキングに対する印象はどうでしたか。

西澤
インターネット上にも書かれているように、イノベーションとセットで考えられることが多いようですが、かける時間と労力をうまく使えば、どんなことにも使えるのではないでしょうか。
通常の業務でも、使い方や工夫次第で何とかなりそうな印象を受けました。

吉田
具体的にどんな部分で使えると思いましたか。

西澤
担当者レベルだと、いろいろと変えているところがあるのですが、そういった部分は個人の能力にすごく依存しています。
個人の能力に依存すると、部署にレベルの高い人が多い時期はすごくいいパフォーマンスができます。
しかし、逆の場合はあまりいい結果につながりません。

我々の業務はミスが増えれば増えるほど、製作現場がどんどん停滞してしまいます。
そういうところを個人の能力にあまり依存しない形であれこれと変えるのに使えたらいいと考えています。
ちょっと難しい問題ですけどね。

吉田
デザイン・シンキングを製造現場などで使えるとお考えになったのは、研修で話を聞いた結果でしょうか。

西澤
私がこうすべきと考えていることが本当に正しいのかは分からないわけで、仕事のやり方を変えることなどは本来、1人で頑張るのではなく、複数の人間が集まっていろいろなことを掘り起こして考えるべきことでしょう。
そういった意味でも、デザイン・シンキングを使えば、あまり間違った方向に進む事も少ないように思います。

関連記事

PAGE TOP